トラブル/用語

【解説】Wi-Fiの2.4GHzと5GHzは、同時使用できます


悩んでいる人
2.4ghzと5ghzの同時使用はできるのかな?

結論からいうと2.4GHzと5GHzの同時使用はできます。

今回は、 “2.4GHz 5GHz 同時使用” について解説していきます。
また、「2.4GHz 5GHzを同時に使う必要があるのか?」といった疑問についても解説していきます。

  • 2.4GHz 5GHz をどんな時に使い分けたら良いのか
  • 2.4GHz 5GHz 同時使用ってデュアルバンドってこと?

そのような疑問を解決させます。
ぜひ、最後まで読んでください。

Wi-Fiの2.4GHz 5GHzの使い分け方


そもそも、「2.4GHz 5GHzって何?」という方もいるかと思います。
“2.4GHz” や “5GHz” は、Wi-Fiの電波の周波数になります。

日本において、Wi-Fiの電波は、2種類の周波数が使われています。

  • 2.4GHz
  • 5GHz

あまり知られていませんがWi-Fiの電波は、周波数によって、強みと弱みがあります。

【2.4GHz】

  • 電波が遠方まで届きやすい
  • 壁や天井などの障害物に強い
  • 他の電子レンジやBluetooth等と干渉しやすい

といった、特性があります。

一方で5GHzは以下のような特性を持っています。

【5GHz】

  • 適切な環境だと速い
  • 壁や天井など障害物に弱い
  • 他の電子レンジやBluetooth等と干渉しない

そのため、常にどちらがいいというのではありません。
状況によって使い分けることで、より最適にWi-Fiを使うことができます。

うまく使いこなせれば、Wi-Fiによるストレスを格段に減らせます。

2.4GHzと5GHzは、同時使用できます


本題の「2.4GHzと5GHzが同時使用できるか?」についてですが、冒頭でもお伝えした通り、2.4GHzと5GHzの同時使用はできます。

Wi-Fiルーターで “〇〇-A” や “〇〇-G” の2種類の電波が飛んでいませんか?

  • “〇〇-G” ➡︎ 2.4GHz
  • “〇〇-A” ➡︎ 5GHz

知らないとわかりにくいのですが、Wi-Fiの名前から上記のようにどちらの周波数なのかを見分けることができます。

現在、売られているWi-FiルーターやWi-Fiルーター込みのインターネット回線の契約の場合、ほとんどのものが2.4GHzと5GHzが最初から同時使用できるようになっているはずです。

新規で購入される場合は、パッケージを見ればわかります。

パッケージを見て、5GHzと2.4GHzの表記があれば、問題ないです。

パッケージの “×2” の表記が気になった方いるかもしれません。こちらは、ストリーム数になります。
ストリーム数については、以下の記事で説明しています。
≫ 【解説】Wi-Fiルーターのストリーム数(9割の人が間違えやすい)

最初に、2.4GHzと5GHzの両方にWi-Fiつなぎましょう


Wi-Fiルーターを購入後、最初に2.4GHzと5GHzの両方の電波に接続しましょう。

一度、パスワードを入れてWi-Fiにつないでおけば、状況によって端末側が電波の状態がよい方に接続してくれます。
Wi-Fiのパスワードは、長くて面倒なので、最初のタイミングでやっておくのがよいでしょう。

2.4GHzと5GHzの両方に接続した場合、5GHzの方を優先して使いましょう。

5GHzの方が速いので、5GHzが調子が悪かったら、2.4GHzの方に切り替わる形がベストです。

デュアルバンドとは違います


“2.4GHzと5GHzが同時に使える=デュアルバンド” と思われがちですが、違います。

デュアルバンドは、Wi-Fiの中継機における用語になります。
少し詳しく説明すると、Wi-Fiの中継機に

  • シングルバンド
  • デュアルバンド

の2種類があります。

Wi-Fiルーターから中継機まで5GHzで通信した場合、
シングルバンドでは、中継機から端末までもそのまま、5GHzで通信します。
2.4GHzの場合は、そのまま2.4GHzで通信するといった感じです。

  • Wi-Fiルーター→(5GHz)→中継機→(5GHz)→端末
  • Wi-Fiルーター→(2.4GHz)→中継機→(2.4GHz)→端末

一方で、デュアルバンドは、中継機から端末まで2.4GHzと5GHzの両方に対応していることになります。
状況によって帯域を変えられるので、より安定した通信の受け渡しが可能になります。

  • Wi-Fiルーター→(5GHz)→中継機→(2.4GHz or 5GHz)→端末
  • Wi-Fiルーター→(2.4GHz)→中継機→(2.4GHz or 5GHz)→端末

上記の説明から “2.4GHz 5GHz が同時に使える=デュアルバンド” という意味ではありません。
デュアルバンドはあくまでもWi-Fiの中継機の用語になります。

まとめ


今回は、2.4GHzと5GHzが同時に使えるのかということで、お伝えしました。

結論として、2.4GHzと5GHzは同時に使えます。
おそらく、今お使いのWi-Fiルーターでは、2.4GHzと5GHzの両方が使える状態になっているものがほとんどかと思います。

判別方法としては、Wi-Fiが以下の特徴になります。

  • “〇〇-G” ➡︎ 2.4GHz
  • “〇〇-A” ➡︎ 5GHz

使い分けることで、より快適なWi-Fi環境を使うことができます。
ぜひ、活用しましょう。

2.4GHz 5GHzの詳しい記事は以下でも説明しています。
よかったら、参考にしてください。
≫ Wi-Fiの "●●-A" や "●●-G" は "A" を優先して使うべき

以上です。

-トラブル/用語

© 2021 りゅーじん LIFE Powered by AFFINGER5