トラブル/用語

【エンジニアが解説】テレワークでフリーWi-Fiを使うのは“超絶危険”

2021年6月23日


心配している人
家にWi-Fiないから、フリーWi-Fiを使って仕事しようかな

それ、ヤバいですよ!!めちゃくちゃ危険です。
りゅーじん
心配している人
え!!

こんにちは、りゅーじんです。
今回は、 “テレワークでフリーWi-Fiを使うのは超絶危険” ということをお伝えします。

知らない方のためにお伝えすると、“フリーWi-Fiは、セキュリティが弱い”です。
セキュリティが弱いと、自身の会社情報やお客様情報の流出につながってしまう場合もあります。

プライベートでWi-Fiを使うのとは違って、テレワークでWi-Fiを使用する際は、必ずセキュリティ面を考えた使い方をすべきです。

自分も仕事でWi-Fiに触れるまで、全く知識がありませんでした。
今となっては、知らなかったと思うとゾッとすることも多々あります。

  • 会社やお客さんに迷惑をかけないようにする
  • 自分が困らないようにする

そのためにも、今回は、

  • なぜ、フリーWi-Fiがセキュリティが弱く、危険なのか
  • 外出時に危険を避けつつ、Wi-Fiを使うにはどうしたら良いのか

を解説します。
ぜひ、最後まで読んでフリーWi-Fiの危険性を知ってください。

フリーWi-Fiに潜む危険性


そもそも、「Wi-Fiという同じ括りなのに、なぜフリーWi-Fiだけが危険なんだ?」
と思っている方もいると思います。

フリーWi-Fiが危険という理由は大きく2つあります。

  • 野良Wi-Fiに接続している可能性がある
  • 通信が暗号化されていない

それぞれ深掘りして解説します。

野良Wi-Fiに接続している可能性がある

フリーWi-Fiを使っていると、気づかないうちに誤接続して通信が漏れている可能性があります。
というのも、悪意をもった人が似たような名前の野良Wi-Fiを飛ばすことができるからです。

例えば、カフェ等でフリーWi-Fiを使用する場合
Wi-Fi:ryujin-cafe-wifi
に接続しようと思っています。

いざ、Wi-Fiを接続しようとした際に似たような
Wi-Fi:ryujin_cafe_wifi
というものに接続しました。

  • ryujin-cafe-wifi
  • ryujin_cafe_wifi

違いは、-(ハイフン)か_(アンダーバー)ということです。

実は、このアンダーバーの方(ryujin_cafe_wifi)は、悪意を持った人が持ち込んだ野良Wi-Fiだということがまれにあります。
あなたの通信を盗むためにあえて、似たような名前のWi-Fiを使って誤接続させようとしています。

もちろん、Wi-Fiは使えているので自分が途中で気づくことはないです。
ただ、Wi-Fiを利用している間、通信の中身が相手に漏れ続けています。

  • 会社情報
  • お客様情報
  • 自身の端末の履歴

など、万が一情報が漏れた場合の影響が大きいものがたくさんあります。
フリーWi-Fiを無闇に使うのはやめましょう。

通信が暗号化されていない

こちらは、少し技術的な話になります。
パスワードがかかっているWi-Fiは、通信自体も暗号化されています。
一方で、パスワードがかかっていないWi-Fiは、通信も暗号化されていません。

悪意を持った人は、同じWi-Fiに接続することで、通信を盗み見することが可能なのです。

暗号化されていると、文字コードのような羅列で読み解くことができません。
暗号化されていないと、そのまま通信が見られてしまいます。

先ほどと同様に会社情報やお客様情報などが丸見えになる場合もあります。
こちらも非常に危険です。

改めて言いますが、個人でWi-Fiを使うときと会社の仕事でWi-Fiを使うのは違います。
セキュリティに対する対策は万全にしましょう。
何かが起こってからでは取り返しがつきません。

テレワークでフリーWi-Fiを使用しないようにするための対策


では、より安全にWi-Fiを使うにはどうしたら良いのかを記載します。
対策としては、以下の3つです。

  • コワーキングスペースの活用
  • ポケットWi-Fiを契約
  • 自宅にインターネット回線を引く

順番に解説します。

コワーキングスペースの活用

コワーキングスペースを活用しましょう。
カフェとは違って、周りの人も仕事をしている人ばかりなので、周囲の視線があまり気にならなくなります。

場合によっては、異なる業界や業種の人と交流することができるので、カフェやオフィスと違ったアイデアが生まれやすいでしょう。

もちろん、Wi-Fiも完備されており、パスワード付きのところが多いのでセキュリティ的にも安全です。

ポケットWi-Fiを契約

お金はかかりますが、ポケットWi-Fiを契約しましょう。
情報漏洩のリスクを考えたら、契約しない理由がありません。

また、ポケットWi-Fiの場合、固定回線に比べ、会社側で契約しやすいかと思います。
上司の方に相談してみるのも良いでしょう。

申し込めば数日で届くので、その点も良いです。

おすすめのモバイルWi-Fiは以下で紹介しています。
参考にしてみてください。
≫ 【厳選5パターン】エンジニア視点からオススメのモバイルWi-Fiルーター

自宅にインターネット回線を引く

インターネット回線は、開通まで時間がかかりますが、物理的セキュリティも安全になります。
というのも、カフェで仕事をしていると、「パソコンの画面を他の人に覗き見されているんじゃないか。」と思って集中できない時がありませんか?

そのような物理的なセキュリティも考えると、自宅で仕事ができるようにした方がいいですね。

自分の知見から、自宅でインターネット回線を引くならNURO光が1番良いです。

使用できる地域は、限られますが最大通信速度に対するコスパが良いです。
NURO光についての詳しい説明は以下の記事でご覧ください。
≫ 【NURO 光】なぜ?ホントに速いのか?エンジニアが解説!

どうしても使わないといけない場合はパスワードがあるWi-Fiを使用する

これまで、ご説明した通り、フリーWi-Fiには、危険が多いので使うことはオススメしません。

もし、プライベートで使用する場合は、絶対にパスワードが設定されているWi-Fiを使いましょう。
ただ、プライベート情報は、絶対に入力しないようにしましょう。

まとめ


今回は、 "テレワークでフリーWi-Fiを使うのは超絶危険" ということでフリーWi-Fiの危険性と対策をお伝えしました。

Wi-Fiや通信は、実際に目に見えません。
自分自身が仕事に集中しているので、気づきにくいですが身の回りには危険が多いです。

今回を機にWi-Fiに対するセキュリティリテラシーをあらためるきっかけになれば幸いです。
仕事とプライベートで使うWi-Fiは、万が一のリスクの影響度が違いますので。

自分もしくは会社の契約したWi-Fi以外はつながないのが最大の対策です。
外出が多い人は、ポケットWiFiを使用する。自宅が多い方は、固定のインターネット回線を利用しましょう。

ポケットWi-Fi(外出向け):ZEUS WiFi

インターネット回線(自宅向け):NURO 光

他にもWi-Fiに関する記事を書いているので、よかったら参考にしてください。

-トラブル/用語

© 2021 りゅーじん LIFE Powered by AFFINGER5